畑つきエコアパート ーブログの威力

元建築業界の人間として、(それと関係なくても)いいなぁと思った記事をご紹介。

畑つきエコアパートの企画,建設から住民募集までをブログで by ITpro

ブログの方はさっき初めて見たので、浅い感想になってしまったら申し訳ないのですが、現場に行き、現場の人と関わり、上棟などの(少しだけですが)お手伝いをしてた人間として、このような形で現場の人たちの話を伝えてくれるブログって本当に貴重だと思います。見た目は怖くてもかなりいい人が多いんですよね〜。裏表もあんまりない人が多いし。すごく現場の雰囲気や、意気込み、思い入れが伝わってきます。

建物のコンセプトもかなり特殊。最近、エコとか健康とか、大事だし、いいなぁってぼんやり思ってるんですよね、みんな。でもどうしてもはずせないのが「コスト」絶対普通に建てるよりお金がかかるんです。オーナーさんだと特に利益率優先になるのはある意味当然の話かもしれないです。私も今、新しく住む家を探している最中ですが、やっぱり家賃の優先順位が高いです。

だから、こういった物件を作り、成功させるためにはお金じゃない何か、例えば「思い」に対する「共感」や「魅力」など、住んでみたいと思わせる何かが不可欠だと思います。その手法として「ブログ」が使われ、それがいい方向に向かっているというのは意外でした。(建築用語とか、難しい言葉があまり使われてないのもいい感じです)

このアパートが結果として成功するかどうかはこれからにかかっていると思いますが、もし自分が住むとしたら…と考えたらこういった情報があるとうれしいと思います。(全然別の話になりますが、以前、古民家を自分で思い思いに改装して住んでいる物件のサイトを見て、かなり興味をもって自分も住んでみたいと思った時期もあったし…)

環境やタイミング、予算など、いろんな条件が一致しないと難しいことはわかりますが、今回のことえで「伝える手段」としてWeb(ブログ)が有効であることは証明されたわけです。

「言葉の力」ってすごく大きいと思いました。

特に建築業界(とくに工務店や不動産、職人さんは特に)はITに疎いのが現状だと思います。(「健康住宅」にはだんだん興味をもってきているみたいですけど…)

この物件が完成し、入居者が決まってからがもう1つのスタート。そこからの入居者との関わりなどがブログに反映され、それが継続的に続いていくことにより、新しい価値が生まれていくと思います。

そうなっていくことを期待しつつ、かげながら応援していきたいです。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です