GDのインストール(Leopard)

いまさら…なのですが、ローカルサーバーにGDをインストールしました。きっかけは簡単。とあるCMSをインストールしようと思うとエラーが出たので色々調べてみるとどうもGDがインストールされていないことが原因だったから。

じゃ、入れるしかないね。ということで。

X11 SDKが必要みたいなのですが、元々入れていたのでOK。
(MacOSXのインストールCDに入っています)

詳しい方法はこちらに書かれていますが、英語なので適当に翻訳します。

まず、GDをインストールする前にlibjpeg、libpng、freetypeが必要です。libjpeg、libpngはこれはパッケージ版を利用すると簡単でした。(本当はエラーが出たので対処法を探していたら偶然見つけました。。)こちらのページよりダウンロード出来ます。freetypeは…特に気にしていなかったけど、大丈夫でした。

続いてGDのインストールです。あらかじめPHPのバージョンをチェックしておきます。私の場合は5.2.6でした。

phpのソースをダウンロードする

PHP 5.2.6 (tar.gz)をダウンロード。パッケージ版はダメだと思います。

ファイルを展開する。

ターミナル.appを起動し、phpのファイル内にあるgdのフォルダに移動

cd /(ファイルを展開した場所)/php-5.2.6/ext/gd

32bitの場合は次のように設定。

phpize
./configure --with-zlib-dir=/usr --with-jpeg-dir=/usr/local/lib --with-png-dir=/usr/X11R6 --with-freetype-dir=/usr/X11R6 --with-xpm-dir=/usr/X11R6

インストール

make
make install

php.iniの編集

php.iniの場所は前述のphp.infoで探せます。テキストエディタで開いて

(486行目あたり)extension_dir = “./”
→extension_dir = “/usr/lib/php/extensions/no-debug-non-zts-20060613/”
(“”に囲まれているパスはインストールの最後の方に出てくるのでコピペしてください)

(597行目あたり)
追記:extension=gd.so

apache再起動

sudo /usr/sbin/apachectl restart

これでなんとかうまくいきました。

参考サイト
PHP GD Extension for Intel Mac (64-bit) – log.metatype
Adding GD Library for Mac OS X Leopard – Kenior Design
LeopardにGDをインストール – Wing World

広告

“GDのインストール(Leopard)” への 1 件のフィードバック

コメントは受け付けていません。