「クラウド情報整理術」を読みました。

昨日のAppleの発表、Beatlesでしたね。予想通りではあるけど、ちとがっかり。
予告が予告だっただけに期待していた人が多かったんじゃないでしょうか?
思わず「え?これだけ??」とつぶやいてしまいましたww

ま、それはおいといて。
今回も本の紹介です。
こんどは「クラウド情報整理術」

レビューを見てもらえるとわかりますが、評価が高いです。
在庫が不足しているようです。人気なんですねー。
長崎の書店で手に入ったので読んでみました。
1時間ほどで読了。さらさら読めます。

感想は、うーん。。
特に目新しいことは書いてなかったです。
簡単いえば「いろいろなツールをこういう風につかってますよー」って本です。
Evernote,Google関連,Dropbox,Flickrなどを連携させている感じでした。
私は普段からこれらのサービスを利用しているので、ほぼ知っている内容でした。
使い方に関しては「こういうやりかたもあるのね〜」と思うこともありましたが、
ほぼすべて無料アカウントで使っている私には無理な内容が多かったです。
(かといって有料アカウントに移行したいと思うほどでもなかったです)

この手のサービスを知っていて、使いこなせてないと思っている人が見ると
使いこなすためのヒントは載っているかもしれません。
逆に、これからEvernoteやGmailなどを使ってみたいと思っている人にとっては
一つの指針になると思います。

気になったことは。。IDやパスワードなどを入力した画面の
スクリーンショットをとってEvernoteに保存するということが書いてありましたが、
これは個人的にあんまりおすすめしません。
情報流出などありましたしねぇ。
人に見られると困るようなものはクラウドに保存せず、
手元に置いておくのが一番だと思います。

。。とりあえず、びっくりするぐらい人気の理由はわかりませんでした。
ちょっと辛口の評価になりましたが、あんまりいい評価の記事ばかり見かけるので(笑)
とりあえず正直な感想を書いてみました。
すごく「参考になる」という意見も多い本なので、気になった方は読んでみてください。

広告

“「クラウド情報整理術」を読みました。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です