こんなとき、自分でもできることを考えてみました。

日本の西の果て、長崎に住んでいます。

今回の地震、長崎では全く揺れず、テレビをみて愕然としました。
(実際、6時頃帰宅した相方は地震があったことすらしりませんでした)

何が起こったのかわからず、地震直後からTwitterをずっと見ていました。
ここではTVでは報道されていない動きがたくさんありました。
時々まちがった情報が流れるものの、有用なものも多く、
電話回線がつながっていない状況下ではかなりいい方向に活用されたと感じています。

ニコニコ動画、USTREAMもそうですが、
たくさんの人の善意がすごく大きな力になったと感じています。

直接現地には行けない私達にできることはなんだろう?

今朝、こんな記事を読みました。
Link:被災地ではない地域のツイッターユーザーにお願いしたい5つの事

タイトルを抜粋します。内容はリンク先を御覧ください。
・ニュースばかりを見て、あらゆる元気を失わないで
・普通に生活している人を批判したり、いがみあったりしないでください
・わずか数日でいいですから非公式RTを控えてみて欲しい
・デマに流されないで。広めないでください
・今更マスコミや政府、原発の批判をしないでください

ほんとそうですよね。私達まで元気をなくしてしまってはダメです。

ちいさいお子様にはアニメを見せてあげてください。
NHKはYouTubeでアニメを開放しています。
Link:NHK番組コレクション
テレビ東京は通常放送にもどるそうです。
被災していない方でも地震の映像をみてPTSDになる方が出てきているそうです。
体の健康も大切ですが、「心の健康」も大切です。

もう少し現実的に実行できること。
Link:遠くからでもできること、すべきでないこと、被災地の人々に迷惑をかけず助けとなるための行動法まとめ

こちらもタイトルを抜粋し、一部コメントをつけます。詳細はリンク先へ。
・むやみに被災地へ向かおうとしないこと
気持ちはわかりますけど。

・回線や道路や鉄道を混雑させないこと
道路、ガソリンスタンドは大渋滞がおこっているそうです。
支援物資や自衛隊の方々がスムーズに現地へたどりつけるようにするのは大切だと思います。
同じようにテレビが見れる環境の方、USTREAMやニコニコ動画の視聴をひかえてください。

・むやみに情報を拡散させないこと

・むやみに物を買い込まないこと

・むやみに救援物資を送ろうとしないこと
これは意外と大事かもしれません。阪神大震災の時は大量に廃棄されたとか。
送られてきたものを仕分けるのも大変手間がかかるそうです。
とりあえず今は運べる状況ではないので、自治体からの要請を待ってからでも遅くありません。

・節電・節水
節電に関して。関西以西の地域に関しては無理に節電する必要はありません。
「普通に」節電すればよいそうです。
(東に送れる電力量には限界があり、電気は蓄積できないため)
本当に節電が必要になれば正式にアナウンスがあるので、それを待ちましょう。
ただ、無駄というわけではないので。(この辺は誤解のないように)

・募金
このサイト、すごくまとめられています。
Link:募金情報まとめ

募金詐欺・犯罪には気をつけてください。該当で募金を募っている場合は注意が必要です。
なかにはガス会社など名乗り、直接家に訪問しているケースもあるようです。
特に女の人で一人暮らしの方、十分注意してください。

・献血
今急いで献血する必要はありません。(献血するなと言っているわけではありません)
血液はそんなに保存できるものでもないそうです。
もし今献血すると、数ヶ月は献血することができません。
その間、一番血液が不足すると考えられています。
いま献血しようと思った方、ちょーっと待ってみてください。
もしかしたらちょっと待ってたくらいがちょうどいいかもしれません。

私が感じたコトを書いてみました。
これからが色々大変だと思います。長期戦です。
みんなでできること、ひとつひとつやっていきましょう!

さいごに。
Link:こんな時だからこそ。笑顔で元気になれるサイトまとめ

まんなかのハムスター。。かわいぃ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です