WordPressのプラグイン、W3 Total Cacheの削除ではまった。

WordPressを更新したら真っ白に。。原因は「W3 Total Cache」というプラグイン

WordPressを最新の3.4に更新するときにはまった。。と思ったら違っていました。

犯人はキャッシュ系のプラグインでした。

W3 Total Cache
結構有名なプラグインです。

これはこれでよかったのですが、相方がサーバー側でいろいろ調整してくれているのでずいぶん前に無効化していました。(削除はしていませんでした)

つかわないので削除しようとしたら。。
画面真っ白。なんか英語でエラーメッセージ。
なんかdb.phpがどうとか言ってる。。
仕方ないのでバックアップをとってあったプラグインのファイルを元に戻したら
こんどは完全にまっしろけ。。
ダッシュボードが開かない。

なんじゃこりゃ。

プラグインが勝手に作った4つのファイルを消せばOK

こういうときは検索っ。
幸い、全く同じところではまった人発見しました。
Link:W3 Total Cache プラグイン削除時のエラー | Web制作memo
このプラグインはwp-contentsフォルダの直下にいくつかのphpファイルを勝手につくるようで、それも消せ!というお話だったようです。

削除するファイルはこちら。

  • advance-cache.php
  • db.php
  • object-cache.php
  • w3-total-cache-config-preview.php

この4つを削除したらあっさりなおりました。

不親切なプラグインですよね、これ。
勝手に作るのは仕方ないとしてもちゃんと消してくれたらいいのに。
あせるじゃないか!むぅ。

最近、ちょこっとテーマをいじってもなかなか反映されなかったのはこのプラグインのせいかもしれない。。。

とりあえず、あっさりなおったので満足。

広告