Macのアクセス権がおかしくなったとき、やってみて欲しいこと。

これ、もう少し早く知っておきたかったww

アクセス権がらみがおかしい場合はまずディスクユーティリティの「アクセス権の修復」をおすすめしますが、
それでもおかしい場合はこちらを試してみてください。効果があるかもしれません。

私も昨日の夜からパソコンがちょっとおかしくて、メールは何回もパスワード聞いてくるし、
(正しいパスワードを入れても効果なし。)
あるアプリを削除しようとしたらできませんでした。
アプリの情報を見たら「カスタムアクセス権」という嫌な文字。
(結論から言えばアプリケーションのアクセス権は元々「カスタムアクセス権」が割り当てられているので、
それ自体に問題はありません。これは後述します)

勘違いでしたが、問題の症状は以下の方法で解決しました。
意外と知らない「ホーム」のアクセス権を修復する方法 | Macとかの雑記帳

リンク先に詳しい情報があるので、メモをするか他の端末でリンク先のサイトを開きながら挑戦してください。
簡単に説明すると
1.電源を切る
2.optionを押しながら電源を入れる
3.起動画面でリカバリHD(たぶん右側)を選ぶ
4.OS X ユーティリティの画面でメニューバーから「ユーティリティ → ターミナル」
5.「resetpassword」と入力し、リターン
6.リセットパスワードという画面が出てくるので、Macintosh HDとアカウントを選び、一番下のリセットをクリック
7.完了するまでまつ
8.普通に再起動する

これでメールとアプリのおかしな状況は改善されました。

カスタムアクセス権ですが、これには嫌な思い出が。。昔、これでMacの挙動がおかしくなった経験があります。
このブログにも書いたことがあると思いますがかなり苦労したので今回はかなり焦りました。
今回は違ったみたいでほっとしていますが、解決方法らしいものを見つけたのでメモしておきます。

ファイルの情報は「右クリック → 情報を見る」で確認することができます。
この一番下に「共有とアクセス権」という欄あると思いますが、この下に「カスタムアクセス権が割り当てられています」と書いてあるファイルがあります。
問題はその下。自分、staff、everyoneの他にもう一人everyoneという人が追加されていて、
その人のアクセス権がカスタムという謎な権限があたえられていてる場合は要注意。
アクセス権がおかしくなっている可能性があります。
しかもディスクユーティリティはユーザーフォルダのアクセス権までは見ていないらしく、これでは修復することができません。
参考:ディスク交換したMacBook Proが全面的不調に~everyoneのアクセス権が二つになって「カスタム」が出る場合の(ACLの)解除法

この場合、ターミナルを開き、
「sudo chmod -R -N /ACL削除したいディレクトリのパス」
というコマンドでアクセス権を変更するか、
BatCHmodというアプリを使ってACLを消去するという方法で解決するそうです。
詳しくはリンク先を見てください。
私も実際にやったわけではないので効果のほどはわかりませんが、クリーンインストールする前にやってみる価値はあると思います。
結構大変ですからね。<クリーンインストール

あ、先ほどの情報画面の一番下に歯車マークがあって、そこをクリックすると
「内包している項目に適用」という項目が出てくる場合がありますが、
これをやった後アクセス権がおかしくなった経験があるのでやらない方が無難だと思います。
(リンク先の真ん中当たりでされていますが、まねしない方が良いと思います)

最近Macくんがやたらとパスワード聞いてくるとか、ゴミ箱からなかなか消えてくれない子がいて困ってる方、
ぜひ試してみてください。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です