重曹より10倍落ちるとうわさの「セスキ炭酸ソーダ」

年末になり、ワイドショーなどでも掃除ネタが増えてきた今日この頃。
日曜日ぼんやりと見ていた「シューイチ」でも中丸君がお掃除させられていました(笑)
白い粉が出てきたので「あーまた重曹とかクエン酸とかそんなんでしょ?」と思ってみていたら
最近はどうも「セスキ炭酸ソーダ」というのがブーム?らしい。

100均とかでも売っているらしいので、ちょっと前から流行っていたんでしょうね。
ソファーにこのセスキ炭酸ソーダを振りかけているのを見て夫婦そろって「へーーー」と感心していました。
(振りかけて2時間ほど置いてから掃除機で吸い取ると皮脂汚れなどを分解してくれるそうです。マットレスでもOK)

100均で売ってるならおもしろいし買ってこよー♪
。。。と言っていてふと思い出したのですが、なんかこのセスキなんちゃら。聞いたことある。

うちの掃除道具入れを探してみると同じような白い粉発見ww

なんだ、アルカリウォッシュですか。
目新しい物だと思ってちょっと期待してしまいましたが、すでに数年前からうちにいらっしゃったようです。
ただ、そんなに積極的に使っていたわけではなかったので、1kg袋のまだ半分ぐらい残っていました。
専用洗剤などに比べるとなんとなく洗浄力が弱い気がしていたんですよね。
どうも得手不得手があるようで、うまく使えばちゃんと汚れも落ちるし、環境にも優しいようです。

パッケージにもある程度使い方が書いてありましたが、ネットだともうちょっと詳しいみたいです。
セスキ炭酸ソーダ(アルカリウォッシュ) – 石鹸百科

本だとこのあたりが入門書として良さそうです。

大掃除ではりきって使うと言うよりは日常の軽めのお掃除に活躍しそうなので、
早速スプレーを作ってみました。(目安は水500mlに小さじ1。うちのはちょっと濃いめ)
しばらくキッチンで使ってみようと思います。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です