Instagramを使う人が減るかもしれない。

昨日のネット系ニュースでいろいろ出ていたので知っている人が多いと思いますが、
Instagramのプライバシーポリシーが2013年1月16日から変更されます。
Instagramのブログ(原文)のリンクはこちら。
Privacy and Terms of Service Changes on Instagram – Instagram Blog

Privacy Policy http://instagram.com/about/legal/privacy/updated/
Terms of Service http://instagram.com/about/legal/terms/updated/
英語がわかる人は原文を読んでください。

CNETではこんな感じ。
Instagram、プライバシーポリ

シー変更へ–Facebookとのユーザーデータ共有が可能に – CNET Japan
一部引用します。
しかし、重要な変更が1つある。Instagramの新ポリシーは、「Affiliate(提携企業)」とのユーザーデータの共有を明確に認めている。InstagramはAffiliateについて、「Instagramが属する同じ企業グループに法的に属する企業、または今後属する企業」と説明している。言い換えると、Facebookとその企業グループだ。

 Instagramは、そうしたAffiliateが「独自のサービス(より高品質で、より関連性の高い体験のユーザーへの提供を含む)」を提供できる、としている。おそらく、これは主に1つのことを意味しているのだろう。つまり、広告だ。それとは別に、Instagramはまた、ユーザーデータをサードパーティーの広告主と共有する「かもしれない(翻訳すると、ほぼ間違いなくそうするという意味だ)」としている。

ちょっとオーバーに書かれてある気もしますが。。
これを読んで退会すると言っている人が少なからずいるようです。

一連の流れがNAVERまとめにまとめられていました。
Link:Instagram利用規約変更!退会者続出!Instagramが写真素材サイトに!? – NAVER まとめ

まとめの流れだけでも最後まで読んでもらえればわかると思うのですが、
新しい規約がちょっと抽象的なのと、まわりくどい言い方が誤解を与えていることは確かなようです。
私は英語が苦手なのでよくわかりませんが、いまのところロケットニュースのまとめが一番まともな気がします。
Link:【インスタグラム騒動まとめ】Instagram運営「みんなの写真を事業や広告に使うかも」 ユーザー「フリー素材になるのイヤだ退会する!」→ それは少し誤解 | ロケットニュース24
(違ったら教えてください)

CNETの記事を見てすぐにアカウントを消した人も一定数いるみたいだし、
なんか気分的に嫌なので退会するという人も出てきそうな気がします。
私はあんまりInstagramを使っていないし、そもそもフリー素材や広告として使われそうな写真もなければ
人物を撮っていないので結構他人事なのですが、確かに「勝手に使われるかも」と思うとあまりいい気はしません。
とりあえず様子見するつもりです。

情報を分析する力がこれからもっともっと大切になってくるんだろうなぁと改めて感じた出来事でした。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です