IQ150以上の子供が育つ「TOEメソッド」について書かれた本が気になる

私の友達でもパパorママになる人が増えてきました。
その人たちにとってはちょっと気になる話題かもしれません。

子育て系の記事を積極的にチェックしているわけではありませんが、たまたま見つけた記事。
Link:IQ 150以上の子どもが続出! 育児の概念を変える「TOEメソッド」が書籍化 | ライフ | マイナビニュース

マイナビで紹介されている本のリンクを貼っておきました。
Amazonでは2012年12月11日現在、売り切れているので人気なのだと思います。
あれ?楽天ブックスを見ると明日発売、予約受付中。。ん?よくわかりません。

ところでこれって有名な育児法ですか??
「TOEメソッド」初めて聞きました。
英語は3歳までにはじめておいた方がいいとは聞いたことがありますが。。(これは違う?)
IQが高い子供が育つとか、著者の子供は実際にIQが高いとか書かれていますが、
これは話題なりやすくするため、本を売るための手法だと(勝手に)思っています。

TOEメソッドに関する説明は「幼児教育ぽーたるさいと」に載っていました。
結構長いです。気になる方は読んでみてください(本には載っていると思います。たぶん。)
Link:T.O.E.メソッド理論編・0歳児・乳幼児教育法

「幼児教育ぽーたるさいと」も初めて見ました。こんなのあるんですねー。
教育法以外にもいろいろ載っているサイトのようです。
(どこまで参考になるのかさっぱりわかりません。ごめんなさい)

IQがどうのこうのは置いといて、とりあえず3歳までがとても重要だということは伝わってきました。
少なくともここは間違ってないんじゃないかなー。
1冊読んでおいて「こういう方法もあるのね」ってことを頭に入れておくぐらいがちょうどいいのかもしれません。
うちには子供がいないのであんまり関係ないですが、気が向いたら読んでみます。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です