1つの記事に対していろいろ言う人が増えた気がする

タイトルだけ見ると「前に見た記事だ」と思って開いてみると違う人が書いてたってこと、最近増えたと思いませんか?

私は気になったブログはRSSでチェックし、他にもはてブや最近話題のGunosyなどを使っています。はてブ、Gunosyなどで記事がかぶるのはまぁわかるんです。そうではなくて同じようなタイトル(≠同じ)の記事が並ぶ。最近はかぶっているというより「かぶせてる」感じがします。

よく見てみると「○○を読んで」という内容の記事がとても多い。またその「読んで」の方がはてブとかGunosyにも頻繁に出てくるからなんだかその話題がすごく盛り上がっている気になる。でも、実際はそーでもない。なんか不思議な現象。

これにはいくつか理由があると思うのですが、はてブなどに上がってある程度注目されている記事は関連記事も読まれやすいからというのが一番大きな理由だと思います。もちろん「色々読んでみたけど違う」とか「とりあえず乗っかってみよ」とか他にも理由はあると思います。また、「本意が伝わってないー」って元記事書いた人がさらに解説記事書いたり。
ふむ。

1つの出来事に対して複数の意見が聞けるというのは悪くないのですが、「コレを読んで」→「コレとコレを読んで」→「コレとコレとコレを読んで」・・・あまりにも続くと「またか!」という感じになります。元の記事の重要度が低ければ低いほど「またか!」感が増すばかり。ただ、「自分の意見」を書いている人が大半なので、かなり性格が出ています。ひととなりを見極めるという点においては悪くない。

いろいろ書きましたが、決して悪いと思っている訳ではないのです。ただ、最近急激に増えた気がしたので。こういう記事が増えてくることによって本当は読みたかった記事が埋もれてしまっているとしたらそれはちょっと悲しいな、と思いました。

これからもどんどん情報量は増えていくとは思います。でも、一日に読める記事はかぎられているので情報収集のやりかたも少し考え直さないといけないなぁという気がしています。なんかFacebookが何かやりだしそうな気がしないでもない。良いか悪いかは別として。

最近ではGoogleさんの検索精度もイマイチで探している物が見つかりにくくなりました。昔は使いやすかったのになぁ。意外とbingが良いという噂を聞いたので、ちょっと乗り換えも検討中です。Googleさん、がんばってください。

そうそう、まだGoogleさんに嫌われ中です。来週はちょっと更新できないかもしれないので、今週はいつものペースでがんばります。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です