Windows8タブレットは結構良いと思った。

週末、ドライブがてら長崎市内に行ったとき、たまたま通りがかった某パソコンショップに入りました。長崎にしては品揃えの良い店舗だったみたいで、Windows8搭載機種が結構ならんでいました。

最近はWindow8搭載タブレットも店頭でさわることができるようになった

いままでタブレット端末といえばiPad/iPad mini、Androidが主流。Windows8タブレットはあまり触る機会がありませんでした。タッチパネルを搭載していないパソコンにWindows8をインストールした人が「画面触ったけどうごかないよ!」っていう的外れというか。。ちょっと考えようよ、っていう笑い話にもならない話を夕方のニュースで見た程度。あとはFacebookで「使いにくい」という声をちらほら聞いたかな。

Windows8搭載タブレットは思ったより使いやすい?

「ふ〜ん。使いにくいのかー。。」というマイナス評価からさわってみたからかもしれませんが、タブレット端末は「そこまで悪くないと思うけど」という感じでした。ま、店頭で1~2分さわっただけなのでがっつり使うと印象がかわるのかもしれませんが、いままでのAndroid端末で気になっていたレスポンスの悪さや画面(文字含む)の見にくさはなかったです。
(ただ、後で気付いたのですが最近のAndroid端末は昔に比べるとかなり良くなっているみたいですね)

問題はアプリの数とクオリティ

端末の出来が良くなってくると重要なのはアプリの数とレベル。ここは今のところApple圧勝。ただ、AppStoreにいろいろと問題があると思っています。ランキングを見ても、アプリが探しにくくなりました。(それでもAndroidよりはマシだと思いますけど。。)

Windows ストアはまだできたばかりなので、まだまだアプリの数が少ないです。
でも、AppleとGoogleに学んでちゃんとしたストアを作ることができればまだまだ巻き返し可能だと思います。私はプログラミングができないので詳しいことはわかりませんが、複数言語で開発できるらしいので作るハードルは比較的低いんじゃないかな?わかんないけど。
参考:Windows ストア アプリの概要 (Windows)
作る人が本気出せる(?)環境が整えばアプリの充実にはさほど時間がかからない気もしています(希望願望込み)

Windows8搭載タブレットならPCと同じことができます

Appleと一番違うと感じたのが(PCとタブレットの)OSが同じところ。iPadとMacはそもそもOSが違うので、動くアプリも違います。当然できることも役割も違います。役割分担という意味ではいいと思うのですが、iPadで全部済めば。。と思ったことがある人、いると思うんですよね。特に持ち歩く人。だって重いもん。(実際、iPadだけでブログを書こうと思ったら結構めんどうです。)これが1つで済むということにメリットを感じる人はそこそこいると思います。特に会社はWindowsの人が大半だと思うので、officeとか使えた方がいいですもんね。

Apple好きなんですけどね。ちょっと先行き不安なところもあるのは事実。視野が狭くなってたなーと反省しました。
これからはWindows端末も時々チェックしよう。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です