「新・厄年」判明?なにそれ??

厄落とし絵馬

一昨日、「厄落とし」をしてきたと書きましたが、その直後、「新・厄年」とかいう記事を見かけました。

Link:[N] 75万人のデータから「新・厄年」が判明!?男性は24/37/50/63歳、女性は25/39/52/63歳

ここでリンクされている元記事はこちら。
Link:75万人のデータ分析でわかった「厄年」のサイエンス 全日本人必読 男女別あなたが「病気になる年齢」がわかった  | 賢者の知恵 | 現代ビジネス [講談社]

そもそも厄年ってなんなんだろ?

こういうときはwikiです。
wiki:厄年
これによると「陰陽道に起源があると考えられているが出典は定かではない。何歳が厄年であるか、またその年齢が厄年とされる理由はさまざまである。」

ようは言ったもん勝ち?のようです。時代によってもまちまちだとか。一般的に本厄は「男性:25歳、42歳、61歳、女性:19歳、33歳、37歳(数え年)」ですよね。wikiによると江戸時代の『和漢三才図会』に書かれている年齢のようです。「大厄の年齢では肉体的にも体力の低下や反射神経の鈍化など、衰退が顕著になる時期でもあり。。」ということらしいです。

新厄年は病気に焦点を絞って割り出したと思うのですが、その中でも7つの疾患(脳卒中などの脳血管疾患、認知症、関節疾患、骨粗しょう症、心筋梗塞などの心疾患、糖尿病、がん)に限定して統計を取っているみたいなので、ちょっと偏っている気がします。

確かに寿命が延びたから。。とか言われるとそうかなー?とも思いますが、昔の平均寿命が低い(20とか30とか)のは新生児の生存率が低いからで、成人した人の平均寿命をとると60歳くらいだそうです。(検証できないのでまちがってたらごめんなさい)

もし厄年が本当に生活習慣や環境によるものだとしたら400年前と今では全く異なるので厄年が変わっても全然不思議じゃないのですが、なんかそれだけでもないような気がします。だって厄年に悪いことがあったっていう人、そこそこいますよね。

もしかしたら「厄年だ」と思うことによって悪いものを引き寄せてたりして。。

きゃーーー。

なので、あまり気にせず、無理せずが一番という結論に至りました。気休めとしてお祓いやお守り買うのは良いと思いますが、のほほんと過ごしてたらいつの間にか厄年が終わってた。。というのが理想。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です