BS/CSも全録できる!「DMR-BXT3000」が気になる。

まだちょっと高いけど、現行商品でBS/CSの全録に対応しているのはこの商品だけみたい。

いままで全録のレコーダーはありましたが、BS/CS対応してないと意味がないと思っていたので
この進化はうれしいです。
BS/CS最大3チャンネル、最大6チャンネルまで対応。
すでに地上波の録画機器を持っている人が大半だと思うので、
ここは3チャンネルすべてBS/CSに使いたいところ。
3チャンネルまでというとかなり厳選しないといけないが、まぁ仕方ないです。
それよりいちいち予約しなくてもいい、というメリットが大きいです。

コンセプトはかなりいいと思うのですが、使い勝手で考えるとまだまだ改良点がある模様。
レビュー記事などでも指摘されています。
全録以外の機能がちょっと弱いので、これ1台で全部まかなうのは難しそうな感じ。
ただ、2台目として買うにはちょっと高すぎる気がしますよね。。チャンネル数も少ないですし。

録画したものを保存したい場合は今までのレコーダーを買った方が幸せかもしれません。
これだと一定期間たつと自動的に古いものから消されるでしょうし、
16日モードだと画質が少し悪いようですし。。
それに、いちいち選んで待避させるのも面倒ですからね。

(地上波ですが)全録にして視聴スタイルが変わった!という人もいるみたいなので、
使い方によっては便利なのだと思います。
録画予約しなくていい、という点だけでもメリットを感じる人は多いはず。

このBS/CS全録対応機種、これからは他社でもがでてきそうなので
これからが楽しみです。

その前に。
撮ったものをいつ見るか。

これが問題ですね。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です