【読んだ】ビブリア古書堂の事件手帖1 , 2

いま人気のビブリア古書堂、やっと読みました。
少し前、1巻がKindleセールで出ていたので、購入された方も多いはず。
もうすでに読んだ方も多いと思うのでいまさら感想ってのもねぇ。。
美人だけどちょっと変わったおねーちゃんが華麗に謎解きをするお話です。
「人が死なないミステリー」って書いている人がいました。確かにww

ラノベって甘く見ていましたが、結構おもしろかったです。
古書のことをあまり知らない私には勉強になる部分もたくさん。
さっくり読めるのもいいですねー。
普段小説読まない人でも気軽に読めるので、さらに人気なのでしょうか。

このビブリア古書堂、人気でかなり売れていると思うのですが、
なかなか古本屋さんで見つかりませんでした。
東京とかだと売ってるのかな??長崎では全然ないっ。

まぁ1巻は発売からかなり時間がたっていることもあり、
(この前のKindleセールが効いたのか知りませんが)時々見かけるようになりました。
それでも私が見かけた限りだと1冊300円します。
新品でも600円で購入することができるので、古本屋をさがしまわる手間を考えると
新品で購入してもいいのかなー?という価格。
(もしいらなくなったら古本屋に持って行くと高く買ってくれると聞きました。
ちょっと前の話なので、今はわかりませんけど。)

3は天神のまんだらけで見かけました。420円。ちと高い。。
しかもあまり評判が良くなかったので迷って買いませんでしたが、
最近出たばかりの4がなかなか高評価なので、3も4も買って読んでみようと思っています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です