auのiPhone5/iPad(LTE)とAndroid(LTE)のエリアが違うらしい。

〈重要〉 2013年5月22日 消費者庁措置命令に基づくお詫びとお知らせ | KDDI株式会社
KDDIがLTEで過大広告、消費者庁が再発防止命令 | Reuters

auがなんかえらいことになっていますねー。

どちらかと言えばこの報道を聞いて
「サギだ!別の機種に変えて!!orお金返して!!」と言ってきた人に対して
どういう対応をとるか、の方が気になっています。
言い出す人、いるとおもうんだけどなー。いないのかなー。

公式サイトのエリア。
エリア│スマートフォン・携帯電話│au
4G LTEサービスエリア | サービス・エリア | iPhone 5 | au
iPhone5の方は住所羅列してあるだけなのでわかりにくいですね。

au回線については3GとLTEの境目で電波が入らなくなることが多く、
そこではかなり困りました。私にとってはそっちの方が困る。
完全にLTEの圏内に入ってしまえば回線速度が速くて感動してたんですけどね。

今回のニュース記事を見ていると本当は14%なのに
数字だけをごまかして96%に見せかけてた風に感じる記事もありますが、
Androidの4G LTEエリア(カバー率96%) = iPhone5の4G LTEエリアという
誤解を与えるような書き方をしていた、ということのようです。
(まちがってたら教えてください)
いや、実際ごまかしてたのは変わりないのでダメなんですけどね。
そこまでしてiPhone売りたかったのかな?

しかしAndroidとiPhoneでLTEのエリア違うんだ。それは知りませんでしたねー。
そのあたりを詳しく説明しているサイトを見つけました。
au iPhone 5 で LTE が使えるエリアは 14% より広いという話 – 新生おともだち研究会

いやー。電波のお話は難しいです。ややこしいなーもーー。
簡単に言うと使ってる周波数が違うってことみたいですね。
このサイトを見てやっと理解できました。

個人的にはauに突撃した人の報告が上がってくるのを楽しみにしています。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です