読んでみたくなったKindleセール/セレクト本 2013/5/24編

毎週恒例、Kindleセール/セレクト本です。

目次を見たら読みたくなる、というレビューを見て目次を探してみました。
公式にはなかったので、紀伊國屋のサイトより引用します。

第1章 誰もが一度は感じる疑問―人体の不思議を探る
(遺伝子の特定に成功!はげる人とはげない人の差は明らかになった!?
 怖がりだとお酒に弱い!?お酒に「強い」「弱い」は何で決まるのか? ほか)
第2章 ウソか?マコトか?カラダにまつわる俗説を検証せよ!
(「脳が酸素を欲しがっている」は嘘!?あくびの原因はこれだ!
 「頭のいい人は脳のしわの数が多い」はどこまで本当か? ほか)
第3章 だから男と女はわかり合えない?ヒトの性差を科学する
(男性を惹きつけ追い払う!女性が無意識のうちに放つ求愛シグナル
 男性は女性よりかわいさに鈍感?顔認識に見られる性差の謎 ほか)
第4章 未知なる能力に驚嘆!人間の限界はどこだ!?
(世界記録も頭打ち!?スポーツ選手の肉体に限界が迫っている!
 極限までガマンしたら…おしっこはどれくらいまでためられるのか!? ほか)
第5章 研究成果を公開!人体科学の最先端リポート
(その溝には意味がある!知られざる指紋の存在意義!
 新発見!恐怖記憶を消去・抑制するタンパク質の正体とは? ほか)

確かにおもしろそうです。この値段なら買ってもいい気がします。

タイトルだけ見たらお坊さんの自叙伝と思っちゃいました。
政治サスペンスだそうで。帯に小池百合子の秘書さんだったと書いてあります。
これだけ見ると実話?と思いますが、一応フィクションのようです。
多分ですけど、ちょっと変わった人ですよね、この人。気になります。

タイトルの勝利。
こういう本って中身が伴わないと評価が下がる傾向にあると思うのですが、読んだ人の満足度が高い!
レビューがおもしろかったし、レビューを見ると読みたくなります。
ただ、内容の想像がつきませんww

今日は少ないけどかなりおもしろそうな本がありました。
今回は1冊ぐらい買ってもらうかもしれません。

本日のブログはこの1本のみになります。
月曜日は更新できない可能性があるので、次は火曜日かな?
みなさん良い週末をお過ごしくださいませー♪

広告