「風立ちぬ」を見て「風立ちぬ」を読んでみる。

ジブリの「風立ちぬ」
話題になってますよねー。
そろそろ「見たよ」という方が増えてきたころだと思います。
私は今月初め、試写会で見てきました。

試写会が当たっていなくても見に行く予定だったのですが、
正直「試写会でよかった」と思ったものです。
お金払ってみてたらきっと泣いてたと思います。

公開されれば賛否両論 むしろ否の方が多いと思っていたのですが
どうも賛の方が多いようで。
ものすごく意外。
自分の意見と世間の評価が違うのは当然だとしても、
大絶賛されるような出来ではなかったと思ったんだけどなぁ。
少なくとも庵野さんの声と絵に関しては文句言っていいレベルだったと思う。
(声は好みの問題もあるかもしれないけど、絵は(一部ですが)雑だったと思う)

全部が全部悪いと思ったわけではないんですけどね。
「非の打ち所がない」とか「ジブリ一番の名作」と言われると
そうか??と思う。

絶賛しているレビューを見て、自分の見方が浅かったのか?と思い、
堀辰雄の「風立ちぬ」を読んでみることにしました。

青空文庫にもあり、無料で読めます。

まだ1/3くらいしか読んでいませんが、映画と全然違います。
これを読んだら少しは映画が理解できるかなぁと思ったのですが、
むしろ逆かもしれない。
とりあえず最後まで読んでみます。

広告