2014年版手帳、もう売っているらしい。

今年もやってきました。手帳の季節です。(絶対早すぎると思う)

今年もまた悩むんだろうなぁ。。
そもそも買うかどうかで悩み、どれにするか悩み。
いいんですけどね、楽しいから。

すでに発売されているもの、発表されているものをいくつか紹介します。

モレスキン

毎年恒例、18ヶ月手帳です。個人的には18ヶ月である意味がわかりません。
7月から使えるので今年の手帳に飽きた人、9月始まりの学校?とかだと便利なのかしら。
新しいレイアウト、「ターンテーブル」がちょっと気になりますが、
すでに完売しているお店が多いです。実物見てみたかったなー。
(縦横どちらでも使えるレイアウトのようです。)
限定版ピーナッツは公式サイトでは売り切れていますね。
追加販売の予定はなさそうなので、欲しい人はお早めにどうぞ。

モレスキンは1月始まりも普通に出ると思います。

マークスダイヤリー

やたら種類が多いマークス。特にEDiTは手帳売り場でもかなり幅をきかせています。
公式サイトではマークスダイヤリーEDiTが別々に紹介されています。
EDiTはまだ発売されていませんが、マークスダイヤリーはすでに販売開始。
EDiT、ほぼ日にそっくりなので、色々言われているようですが、シンプルでいいと思います。
個人的には紙質と厚みがあまり好みではなかったので昨年は却下しましたが、
2014年版は紙質が変わっているようなので気になっています。
MARK’S DIARY / マークスダイアリー 手帳 2014

ジブン手帳

ほぼ日と同じ紙であるトモエリバーを使っていることで話題になっていたジブン手帳。
2014年版も大きな方向性は変わっていない模様。
CamiAppに対応したみたいなので、手帳の内容をデジタルで残したい人はいいと思います。

CamiApp App

カテゴリ: 仕事効率化
掲載時の価格: 無料
全てのバージョンの評価: (3 / 432件の評価)

私も気になってチェックしたのですが、手帳の中身の色使いが気に入らなくて却下。
あと、この分冊形式はきっと賛否両論ある気がします。
Link:さらに充実した「ジブン手帳 2014」を発売|プレスリリース|コクヨ

ハイタイド

いつも気になりつつ、まだ一度も使ったことがないハイタイド。
2014年版はたっぷり書き込めるNQタイプ登場。
サイズ、デザインもたくさんあります。気になってるのはNYタイプ。

NOLTY(ノルティ)

能率手帳は2014年から新ブランド「NOLTY」になっています。
なじみ深い名前をわざわざ変えたのは大きな決断だったのかもしれませんが、
ラインナップはそれほど変わってないのかな?買おうと思ったことがないのであまりわかりません。
紙質が変わったという記事をいくつか見かけたので、使い勝手は今まで通り、
書き心地重視といった感じかな??
Link:「能率手帳」は「NOLTY」へ変わります – ニュースリリース | JMAM 日本能率協会マネジメントセンター

ブラウニー

最初見たときはLINEの熊さんかと思いましたが、『半年手帳365/2』というのが有名らしいです。
店頭で見たことがないので知りませんでしたが、ハンズとかだと売ってるのかな?
・・・と思っていたらFacebookに取扱店舗一覧がありました。(九州では売ってない!)
Link:お取り扱い店舗様一覧(敬称略)
大阪に帰省したときにチェックしてきます。
モレスキンのターンテーブルと同様、縦横どちらでも使える仕様ですが、
こちらの方が先に発売されていたようです。
今日たまたまみつけたのですが、これ非常に気になっています。
Link:ブラウニー1年手帳 2014年

※2014年版のサイズはA6です。

いまのところはこんなもんでしょうか。
これから9月10月にかけて新しい手帳がどんどん発表されると思います。
ほぼ日もまだですしね。
今年はどんな(おもしろい)手帳が発売されるか楽しみです。
ジブン手帳みたいに「スマホ連携」は真似するところが出てきそうだなぁ。。
キングジムさん、手帳出さないのかなぁ。(システム手帳のリフィルはあるようです)

手書きの機会を増やしたいので、きっかけとして手帳は最適だと思います。
なので、来年も手帳かそれにあたる何か(ノートとか)は準備する予定です。
今年は紙質重視で行こうと思っています。(万年筆使いたい)

秋頃、万年筆を持って手帳売り場を徘徊している人がいたら
それ、もしかしたら私かもしれません。。。

【本日のKindle日替わりセール】

広告