革でなにかつくりたい人が最低限必要なものを考えてみた。

タイトル長っ。
そのまんまなのですが。
革で何か作ったというとびっくりする人が多いのですが、
実は初期投資はそこまで高くないので挑戦しやすい趣味だと思っています。
じゃあ実際どれだけかかるのか。

とりあえず最初に必要そうな道具をならべて写真を撮ってみました。

道具

まず切るもの。
革包丁があればよいのですが、カッターでも切れます。オルファがいいです。
大きい方が切りやすいかな?
刃はこまめに折った方がよさそうです。

次に縫うもの。
革は一度穴を開けてから糸を通すので、縫うなら菱目必須です。
4本菱目、2本菱目があればとりあえずなんとかなると思います。
(私は1本も欲しいので写真には入れておきました)

これで穴を開けるときのかなづち、ゴム板も必要です。
これは100均やホームセンターなどで入手可能。ゴム板はいろんなサイズがあると便利です。

ボンドは普通の木工用ボンドでとりあえずOK。

後は針と糸ですかね。
針はちょっと先が丸いもの。2本使って縫います。

糸は普通は蝋引きしてから使うので、糸と蝋の両方が必要です。

写真の糸はロー引き済みの糸です。こういうのもあるってことで。

これだけあれば一応なにか作れると思います。
あとは切り口を磨きたい場合はやすり、磨くための薬品が必要です。
とりあえずヤスリとトコノールがあるといいと思います。

最近は切りっぱなしが流行っているのかな?売っているのをみるとコバ処理していないものをよく見かけるので、
なくてもなんとかなるのかなーと思い、写真からは外してあります。

以上!意外と少ないでしょ?

カッター、カッターマット、かなづち、定規、木工用ボンドは家にある人が多いと思います。
そう考えると菱目、糸、蝋、針、ゴム板を買うと一応はじめられます。
まあ糸は1色だと寂しいし、針は折れるので予備が必要ですが、
最初の1個作ってみるだけならこれで大丈夫。
あとは好きな革(端切れでOK)を買ってくればいいだけです。

革はできれば見て買った方がいいと思います。(私はハンズかオークションでよく買います。)
ちょっと固めの革の方が縫い目がキレイに見えて形が整いやすいです。
柔らかいと縫いやすいですが、力の加減が難しく、縫い目が荒れやすいです。

あとはなにをつくるかですよねー。
この構成だと金具が使えないのである程度限られると思います。
ベタなところだとブックカバーとかかなー。
ふくさとかつくってもおもしろいと思います。
私もふくさ作ろうかな。

なにか趣味が欲しいと思っていた方、革小物づくり、結構おもしろいですよ。

広告