竹の紙でつくられたノートを手に入れた

久しぶりに帰って参りましたー。
今日からは毎日更新。。できるといいなw

ところで。
竹で紙が作れるって知ってました?
私、知りませんでした。
ずいぶん前、東京に行ったときに初めて竹紙のノートなる物に遭遇し、
珍しいなーと思って(散々迷ったあげく)購入しました。
その後ずっと使えずに今に至るという感じです。
Amazonでも売っているようですねー。知りませんでした。これです。

このノートの紙は茶色ですが、白色バージョンもあるようです。


竹紙ノート

裏面に解説(?)付き。

このノートは国産竹100%を原料とした
竹紙100ナチュラル150g/m2(表紙)
竹紙100ナチュラル70g/m2(本文)を使用しています。
竹の有効活用は森林や里山、
生物多様性保全等に貢献します。

勉強不足で申し訳ないのですが、竹ってそんなに余ってるんですか?
こういう時は公的な資料。。。ということで、林野庁のHPより抜粋。

竹は、日本各地に広く分布し、昔から身近な資材として生活に利用されてきました。しかし、近年、人々の生活が洋風化したこと、プラスチック等代替材が登場したこと、安価な輸入品が増加したことなどにより、竹材、たけのこの国内生産量は減少傾向にあります。そのため、国内には管理不足の竹林が多く見られるようになりました。
竹はバイオマス資源であり、その利活用の推進は、低炭素社会の実現に貢献するばかりでなく、竹林の適正な管理にもつながります。

Link:林野庁/竹のはなし
これを見ると余っているというかきちんと管理できていないようですね。管理不足というのは竹に限った話ではないと思いますが、有効活用の一つとして「ノート」という選択肢は
・実用的である
・消耗品(繰り返し買う可能性がある)
・単価が比較的安い
これらを考えるといいんじゃないかなーと思いました。

ちょっと気になるのは値段なんですよね。今の値段(1冊30枚315円)は継続的に使い続けるのはちょっと高いと(個人的には)思います。ただ、コンセプトに共感したら出せない値段ではないのかな?めちゃくちゃ高くて手が出ない!という値段でもないですし。値段の付け方、うまいですなー。

まだ試し書きしていないので書き心地は何とも言えませんが、見た感じは普通の紙とあまり変わりません。私が持っているのは茶色の方なので、ちょっと上質な再生紙といった感じです。サラサラしているので特に白地のノートだと普通のノートと同じ感覚で使えると思います。

自分で買って普段使いするにはちょっと抵抗がありますが、エコとかロハスとかオーガニックとか環境問題に興味がある人にプレゼントすると喜んでもらえそうな気がします。

さて。私はこのノート、使えるのかしらw

広告