「脳を鍛える大人の計算ドリル」をプレゼントしてみた。

「脳を鍛える」が私のまわりでちょっとしたブームになっています。私は見ていないのですが、テレビでもよくやっているそうですね。脳を鍛えるといってもあまりピンときませんが、脳科学の研究は知らない間にずいぶん進んでいるようです。今回は脳を鍛える大人の計算ドリル」を買ってみたので、感想を書いてみることにしました。

「脳を鍛える」ブーム

「脳を鍛える」が私のまわりでちょっとしたブームになっています。私は見ていないのですが、健康系のテレビでもよくやっているそうですね。脳を鍛えるといってもあまりピンときませんが、物忘れが激しくなってきたり人の名前が覚えられなくなってくると「私の脳、衰えてるかも。。。」という気がしてきます。私の場合は昔からなのですが。

「脳を鍛える大人の計算ドリル」を購入しました

少し前、父に「脳を鍛える大人の計算ドリル」という本を買いました。

この本の最初にも書いてありますが、難しい問題をがんばって解くより簡単な問題をスラスラ(早く)解く方が脳が活性化するそうです。なんとなく難しい問題が解けた方が良さそうな気がしていたので意外でした。うちの父はめちゃくちゃ難しいナンプレが得意だったのですが、脳のことだけ考えたら簡単な計算問題の方が良かったみたいです。

「脳を鍛える大人の計算ドリル」の基本構成

大人の計算ドリルは現在6まで発売されています。私が購入した1は一桁の四則演算です。1ページに足し算、引き算、かけ算、割り算で構成された問題をなるべく早く解くのが目標です。簡単な計算なので落ち着いてやれば間違うことは少ないと思いますが、早く解こうとするとなかなか難しいです。1回目は思ったよりも時間がかかるのでちょっと落ち込みますが、だんだん早くなってくるのでご安心を。

この本の特徴は四則演算が入り交じっているところ。小学生のドリルもいくつか見ましたが、「○○算だけ」のドリルがほとんどで、なかなか「簡単」で「四則演算全部入り」のドリルってないんですよね。

これを見て祖母もやってみると言っていたそうですが、やってるんですかね〜。今度聞いてみよ。

すぐに効果がでるものではない

あえて言う必要はないかもしれませんが、この手のトレーニングは目に見えて効果が出る類いのものではありません。何もやらないよりはやった方がいいかも?くらいで取り組むと良いと思います。あと、できるだけ毎日、時間を計ってやるのがコツです。グラフもついているのでかかった時間をグラフに記入していくとモチベーションも上がります。1〜2分しかかかりませんし、とりあえず一冊買ってやってみてください。

あ、何回も反復してやるものなので、答えは直接書き込まないでくださいね。ちなみに答えはついていません。(その位簡単)

私は元々記憶力が悪いのであまり気にしていませんが、相方は記憶力が落ちてきたらしいので、父に買ったのとは別の本を一冊買ってみようかな?と思います。音読とか歴史とか、他にもいろいろあるみたいですよ。

とりあえず無料でやってみたい人へ

「計算ドリル」「エクセル」で検索してみてください。小学生用のドリルがいくつか見つかると思います。いくつかやってみて「続けてみよう」と思ったら本を購入するといいかもしれませんね。

あとは著者が監修したiPhone/iPadアプリがあります。
iTunes:全脳トレ Lite-東北大学川島隆太教授監修-
iTunes:全脳トレ-東北大学川島隆太教授監修-
本とは内容が違うみたいですが、気になった方はどうぞ。なぜか私、有料版持ってました。たぶん無料の時にダウンロードしたんでしょうね。。後でやってみます。

広告