【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その1〜 エポキシパテを使って整形

アラレちゃんのプラモデルの続きです。隙間が多いパーツをエポキシパテで埋めてみたのですが、初めてのパテに苦戦中です。

Link:【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その0〜

昨日の続きです。
パーツが合わないと書きましたが、こんな感じです。

parts

矢印のところだけでなく、全体的に合ってない感じです。
ガタガタしているところは削り、隙間のあるところは埋める作業を行います。
ここで使うのがパテらしいのですが、使ったことないんですよね。
パテにも数種類あるみたいなのですが、たまたま家にあったパテを適当に使ってみました。

ちなみにこちら。タミヤのエポキシパテってやつです。
epoxy-putty

あら、かなり高評価。いい商品だったようです。
これ、2種類の粘土みたいなのを混ぜて使うのですが、これがめっちゃ堅かったです。Amazonのコメントを見ると水で手をぬらしながら使うといいみたいですね。先に読んでおけば良かったです。コネが足りなかったのかすぐに堅くなってしまい、思ったように隙間が埋められませんでした。
そっか。水か。まだパテが必要なパーツがあるので、リベンジします。

とりあえず適当に盛ってみた写真がこちら。
foot
ドラゴンの足です。我ながらひどいです。
乾くのを待ってカッター等で削ります。削ったらなんとかなるはずです。

合わせるパーツはほぼ全部合わないので、この作業が発生します。
小さいパーツは笑うほど合いませんw
大きいパーツでもドラゴンの胴体や足のウロコもある程度再生しないといけません。
さすがに全部は大変なので、見えるところを重点的に再生します。
あとはどこまでやるか、ですよね。

文句ばっかり書いていますが、アラレちゃんの顔は良くできてると思います。
arare
これはこのまま色を塗っても良さそうですね。

とりあえず、全部のパーツを整えてから次の作業、ということになります。
・・・がんばります。

広告