【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その4〜 サーフェイサー

ひさしぶりのプラモデルです。アラレちゃん、なかなか進んでいません。今回はサーフェイサーです。

ひさしぶりのアラレちゃん記事です。
【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その0〜
【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その1〜 エポキシパテを使って整形
【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その2〜 ベースの塗装
【プラモデル】Dr.スランプアラレちゃん ファンタジードラゴン 〜その3〜 うろこの復元

正直ここまでくるとサーフェイサーふいて色をぬっておわりです。
結構色の数が多く、細かいので時間はかかりますけどね。

サーフェイサーは何色かそろえておく

サーフェイサーはスプレー缶が一般的だと思います。
ガイアノーツのサフがいいと聞いたので、何色か買ってみました。

ベースなので1色でも良さそうなものですが、ベースの色が違うと上にのせる色の発色が変わるそうです。たかが下地。されど下地。これが思ったよりも変わります。(特にのせる色が白、赤、黄色などの場合)
初心者はまず楽しむことが大切なので、あまりこだわらずサクッと仕上げてしまい、ちょっとずつレベルアップしていけばいいと思いますが、ここにこだわると仕上がりが変わってくるはずです。
最近は便利なもので本や雑誌で検証されています。個人でブログを書いている方もいろいろ実験されているので、先人の知恵は借りましょう。(単なる手抜きですごめんなさいごめんなさい)

薄めに、何回もふく!これが思いのほか難しかった

このサーフェイサー、なかなか手強いのです。
どうも薄めに何回も吹くらしいのですが、スプレー缶だとすぐに厚くなってしまいます。たぶん私が下手なだけだと思いますが。。
今回、なかなかうまくいかなかったので、ビン入りのサーフェイサーを使ってみました。

筆塗りでも使えますが、エアブラシを使いました。これだとエアの調節も楽だし、「薄めに何回も」が簡単にできます。
ただ、手入れのことを考えると缶の方が断然楽です。なので、缶でも上手く吹ける方は缶の方がいいと思います。

とりあえず前にUPしたドラゴンのシッポの写真です。
surfacer
パテで盛ったところとオリジナルの境目がわかりにくくなります。

あとは色を塗るだけです。
すでにちょこちょこ塗り始めています。
早く完成させたいので、がんばります。

広告