Windows10にDuet Displayをインストールしてみました

引き続きWindwos10で遊んでいます。

Link:MacにWindows10プレビュー版を入れる時の注意点 | my confidence…

昨日、Duet DisplayがWindowsにしたので、早速入れて使ってみました。

Duet Display
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

Duet Displayとは

簡単に言えば手持ちのiPhoneやiPadをセカンドディスプレイとして使うためのアプリです。他にもいくつかありますが、有線でつなぐのが特徴。遅延が少ないのがウリです。

発売されてすぐは1000円セールで安かったのですが、いまは1900円です。
今回、Windows版対応記念で1日だけ1200円で発売されていました。
(この記事を書いている時点ではまだ1200円ですが、そのうち上がると思います。購入を検討している方は価格に注意してください。)

ずっと気になっていましたが購入していなかったので、昨日1200円で購入しました。

試験環境

MacBook Pro Ratina+Bootcamp+Windows10(プレビュー版)です。
一昨日インストールしたばかりなので、アプリはそこまで入れていません。

iPadはiPad4です。OSは最新にしてあります。フレームレートは念のため30FPSにしました。
Duet Display Setting

PC/Macのソフトは公式サイトから無料でダウンロードすることができます。
Link:Duet Display – Ex-Apple Engineers Turn Your iPad into a Second Display for your Mac

一応使えたのですが…

とりあえずつなぐことはできましたが、PC版の解像度がおかしくなってしまいました。1048×780になってしまい、めっちゃ拡大表示です(笑)
コントロールパネルから解像度を変更しようと思いましたが、めっちゃ拡大かめっちゃ縮小しかないw

どうもNVIDIAのドライバーが動いていない様子。

NVIDIAのドライバーのバージョンを下げてみた

このままだとちょっと不便なので、一度NVIDIAのドライバーをアンインストールし、Bootcampで使用したUSBメモリに入っていたドライバを再インストールしました。(ver.332.28)
再起動後、もういちど起動するとちゃんと使うことができました。

その後、NVIDIAのアプデート通知が来たのでためしにバージョンを上げてみたのですが、やっぱり解像度がおかしくなりました。NVIDIAの最新バージョンとDuet Displayのなにかがバッティングしているのだと思います。

そもそも対応OSではないので動かないだろうなぁと思っていましたが、一応動きましたよ。

遅延も少なく、結構快適かもしれない

ちょっと不安定という噂も聞いていたのでどうなのかなーと思っていましたが、思いのほか快適です。最初、カーソルがなかなかiPadの方に移動しないので不具合かな?と思ったのですが、理由がわかりました。
ディスプレイ
これはディスプレイの設定画面なのですが、この黄色の部分だけしかカーソルの移動ができません。(実際はもう少し広い範囲ので、PC側の上半分だと移動できる感じです)PC側の右下からiPadへ一生懸命移動させようとしても無理です。外部ディスプレイってこんな感じでしたっけ…?普段あんまり使わないので気づきませんでした。

これに気づいてからは結構快適です。。。とはいってもこのWindows10にはあまりソフトをインストールしていないので、使う場面があまりないのですが…
とりあえず今はブログのプレビューをiPadに表示させています。うん、これはいいですね。家に外付けディスプレイがないので、何かの時に役に立つこともあるかなーと思っています。ブログを書くときに資料を表示させるとか、いいかもしれませんね。今度やってみよう。

そういえばWindows10に入れたソフト、今のところ全部動いているので、割と互換性高いのかなーと思っています。
あとなにを試そうかな~。。。たのしい。

広告