MacにWindows10プレビュー版を入れる時の注意点

※あくまでもプレビュー版です。自己責任でお願いします。

最近話題(?)のWindows10。前から試してみたかったのですが、Surfaceにインストールするのはちょっと怖かったので、メインマシンであるMacBook Pro RatinaにBootcampを使ってインストールしてみることにしました。Bootcampにした理由は。。。VMもParallelsも古いのしか持っていなかったからです。。。泣

インストール中、いくつか躓いたのでシェアします。
基本的な方法はこちらを参考にしました。
Link:MacBook Airに、Boot Campを使ってWindows 10 Technical Preview 版を入れてみる | WEB、IT、パソコン講座
Link:BootCampでMac OS XとWindows10の共存環境を作りました【その2】Windows10セットアップ挫折と復元 – マネー報道 MoneyReport

ただ、日々情報は更新されているのでこの頃とは変わっていることもありますし、これから変わるかもしれません。(変わる可能性のほうが高いと思います)常に新しい情報を探してください。

基本的な流れ

  • Windows10のプレビュー版のisoファイルをダウンロードする
  • Bootcampアシスタントを立ち上げる
  • 用意しておいたUSBメモリーを使ってインストール
  • パーティション分割
  • (再起動)Windows10のセットアップ
  • 各種ドライバのインストール

こんな感じです。詳しくは先ほどのサイトに書いてあるので迷うことはないと思います。

プレビュー版はこちらからダウンロードすることができました。Macでも大丈夫です。
Insider Programに登録してください、と書いてありますが、特に登録しなくてもダウンロードすることはできます。
Link:Windows 10 Insider Preview ISO のダウンロード – Microsoft Windows

<事前準備>File Vaultはオフにする

まず最初に引っかかったのがWindows10のインストール。インストール先のHDDを選ぶ場面でBootcampのHDDを選んだのですが、なぜかはねられる状況でした。HDD分割の段階でなにか失敗してるのかな?と思い、もう一度Macを立ち上げてフォーマットを確認しましたが、特に問題なさそうでした。

これは絶対別の原因があると思って調べてみたところMacに標準で搭載されているFile Vaultc(暗号化)がONになっていたことが原因でした。
Link:ディスクにパーティションを作成できませんでした-BootCamp編- PHPサンプル実験室

リンク先の方は私よりちょっと深刻でパーテーションすら作成できない状態のようですが、このFile Vaultに問題がありそうだったので一度オフにし、再度パーテーションを作り直したところ、うまく動きました。

これを忘れて作業を進めると二度手間になると思うので、インストールする前に一度チェックしてみてください。場所は環境設定のセキュリティにあります。

意外なことにひっかかったのはこの1点となぜか分割したBootcamp用のHDDを再フォーマットしないといけなかったことだけ。(これはいまだに謎ですが、フォーマットすればOKでした)

そんなに手間がかかったわけではないのですが、まさかFile Vaultが原因だとは…

ドライバは忘れずインストールすること

Windows10のインストールに成功し、さてSpartanをたちあげよう!…と思ってもネットにつながっていないと思います。音もならないと思います。
忘れずドライバー類はインストールしてください。私は忘れててちょっと焦りましたw

インストールに使ったUSBの直下にあるsetup.exeを実行してください。

【結果】すこし不安定ですが、思ったよりもサクサク動きます。試しにドラクエⅩのベンチマークソフトを起動してみましたが、Surface Pro 3の倍のスコアをたたき出しましたw
やっぱりパワーありますね~

思っていたよりも使えそうなので、ちょっと真面目にセットアップしてみようと思っています。

広告