Markdownはじめました

こんにちは。めちゃくちゃ久しぶりですね。生きてます。
別のブログをせっせと更新していたらこちらが置いてけぼりになっていました。
(すでにアクセス数抜かれた泣)
こちらは元々好き放題書いているブログなので、これから気が向いたときに更新していきます。

さて今日の本題。今更感満載なのですが、Markdown記法を使い始めました。このブログもMarkdownを使って更新しています。

Markdownとは

こういうときのwiki

wiki:Markdown

簡単に言うとhtmlを簡略化した書き方。(であってるかな?)
ちょっとした決まりはあるのでそれは覚えるしかないけど、覚えてしまえばめっちゃ楽と言われていました。この「覚えてしまえば」がネックなんですよね。。。いままで手をつけていませんでしたが、最近ブログを構造化したほうがいいとか言われてますよね?わかりやすいようにリスト化したり表作ったりしませんか?そういうのがかなり楽になります。

WordPressでMarkdown

WordPressでMarkdownを使おうとすると昔は結構めんどうだったみたいなのですが、今は相当簡単になっています。Jetpackを使っている人はMarkdownを有効化するだけという簡単さ。

Markdown

私は元々Jetpackを使っていたので、チェックを入れて終了。拍子抜けする簡単さでした。Jetpack嫌いな方はこのMarkdown機能単体のプラグインがあるそうなので検討してみてください。(私は使っていないのでよくわかりません)

参考:【WordPress】ライティングを爆速化!Markdown導入プラグイン2つ&記法を簡単に紹介

覚えることがほとんどなかった

このブログでよく使うのは見出しと改行とリンクです。リンクはブックマークレットを使ってしまえば覚える必要すらありません。なので、とりあえず見出しと改行さえ覚えれば普段困ることはほとんどありませんでした。しかもMarkdownのいいところはHTML混在OKなところ。HTMLのほうがはやいところはHTMLを使い、MarkdownのほうがはやいところはMakdownを使えばOK。

流れはこんな感じ(カッコの中は具体例)

  1. いままで使ったことがない形式が使いたくなる(強調したい)
  2. とりあえずMarkdown記法でどう書くか調べる(*2つで囲めばいいのね!)
  3. HTMLとどっちが楽か考えて楽なほうを使う(強調はMarkdownが楽)

覚えたところからMakdownに切り替えればいいや〜と気楽な気持ちで始められたのが良かったです。私はHTMLも結構うろ覚えなので、「Markdown、めっちゃ楽!」と思いました。

どんなものかイメージを掴みたい人はドットインストールに「Markdown記法入門 (全8回)」がありました。参考になると思います。

Markdown記法入門 (全8回) – プログラミングならドットインストール

記法はこちらを参考にしています。

Qiita – Markdown記法 チートシート – Qiita

MarsEditも再開

最近あまり使っていなかったブログエディタ「MarsEdit」をふたたび使い始めました。やっぱり専用エディタのほうが書きやすいですね〜♪MarsEditはMakdownのプレビューができるのでオススメですが。。。値段上がりましたね。昔は3000円くらいじゃなかったかな??

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more.
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
価格: ¥4,800(2015.7.22現在)

いま4800円払って使い始める価値があるか?と言われれば正直微妙なところです。かといって他に選択肢がないのが悲しいところ。

少し前話題になったBlogoというエディタがMarkdown対応予定らしいのですが、まだ実装はされていないようですし。(あ、これも結構高いんですね)

Blogo – The blogging app for WordPress and Blogger with Evernote integration
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
価格: ¥3,600(2015.7.22現在)

ちょっとMarkdownを試してみたいだけ!という方は上のどちらも買う必要はないと思います。

無料のMarkdownアプリ「Kobito」

無料のエディタもあるみたいなので、気になった方は一度使ってみてください。

Kobito – Markdown メモアプリ
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(2015.7.22現在)

他にも無料のエディタがあるそうです。自分のお気に入りを探すのも楽しいと思います。

私もちょっと前までは絶対使わないと思っていましたが、やってみると簡単だったので、今までの自分をみなかったことにしてオススメしておきます。

おまけ。Sublime TextにもMarkdown対応のプラグインがあるそうです。

Web制作者のためのSublime Textの教科書 Web制作者のための教科書シリーズ

Web制作者のためのSublime Textの教科書 Web制作者のための教科書シリーズ [Kindle本]

著者上野 正大, 杉本 淳, 前川 昌幸, 森田 壮

クリエーターこもりまさあき

出版社インプレス

出版日Mar 20, 2014

商品カテゴリーKindle版

Supported by amazon Product Advertising API


Sublime Text 3 を最強の Markdown エディタに。 – Layman’s Web Creation.

広告