ドールハウスのパーツを作ってみた〜机編

先日作ったドールハウスなのですが、ある程度完成したので別のものを作ろうと思います。

今度は自分で何かしらドールハウスのようなものを作ってみようと思っているのですが、まず練習としてキットの机を参考に小さめの机をいくつか作ってみることにしました。

まず完成写真。白いのはキットで作った机です。

スライドショーには JavaScript が必要です。


真っ黒に見えますが、濃い茶色です!
今回は2つ作りました。大きい方は見本の机と横幅はほぼ同じにしました。高さと奥行きが少し小さくなっています。作ってみたもののちょっと大きい気がしたのでもう一つはかなり小さくしてみました。
ちなみに小さい方の天板はアイスの棒ですw

材料はほとんど100円均一で揃う

最近の100円均一は品揃えがかなり良いのである程度の材料はここで揃えることができます。
今回購入したのは

  • 角棒(ダイソー)…数種類購入しました。今回は2mmの物と6mm角を使用しました。
  • 水性ニス(セリア)…昔買ってあったものを使いました。ウォールナットを使用。
  • アイスの棒(セリア)…大きさが揃っているので使いやすいかな?と。角棒よりは硬いです。

こんなもんかな?意外と少ないです。
ダイソーの木材は今見たら桐と書いてありました。軽くて柔らかいです。粘着テープで留めて売ってあるのですが、意外と粘着力が強く、なかなかとれませんでした。テープを貼ってある部分は避けるか見えないところに使うと良いと思います。

セリアのアイスの棒は袋を捨ててしまったので材質は不明。50本入りです。

ボンドタッチおすすめ

接着剤はなんでも良いと思うのですが、今回はちょっと強力なボンドを使いました。前に文房具のイベントで見つけたボンドタッチという商品。

サクラクレパス ボンドタッチ24ML BT24ML-P

サクラクレパス ボンドタッチ24ML BT24ML-P [不明]

価格¥ 175

出版社サクラクレパス

商品カテゴリーオフィス用品

特徴【本体サイズ】23mmX104mmX40mm, 【容量】24ml, 【接着剤材質】エチレン・酢ビエマルジョン系溶剤, 【チューブ材質】PE、アルミラミネートチューブ

Supported by amazon Product Advertising API


これの特徴は先が細いこと。これが結構使いやすかったです。
20151026134153こんな感じ。

小学校の工作用らしいですが、侮れないですよ。子どもが使いやすいものは大人も使いやすいのです。
量はあまり入っていないので少し割高な気もしますが、直接使えるのは思いの外便利でした。もちろん普通の木工用ボンドでも大丈夫です。

色のシミュレーションが必要

とりあえず今回はありもののニスを使いましたが、想像よりも黒くなってしまいました。塗料は100円均一でもそれ以外でもいろいろ売っているので、お気に入りの色を買ってくると良いと思います。その際、余った材料で色見本を作ったほうが良いなーと思いました。

特に薄めの色は下地の影響を受けやすいですし、今回の小さい机のように材質の違う木材を使う場合は色の出方に差が出る場合があります。下地に何か塗ればいいのかなー?重ね塗りしたら大丈夫なのかなー??やってみないとわかりませんね。塗料はプラモデルのものやらアクリル絵の具やらいろいろあるので、今度試してみようと思います。

広告