ミニチュア部品をつくってみた〜マグカップ編

超おひさしぶりです。
このブログ、かなり放置気味なのですがそろそろ何かしらUPしないといけないなーということで最近作ってるものを紹介します。

この前ドールハウスのキットを購入したのですが、この手のパーツって自分で作れないかなー?ということで自作してみることにしました。まずは形が簡単そうなものからつくってみよう!ということでマグカップ。円筒形なら簡単かなーということで。

とりあえず実験!思いついた素材でいろいろつくってみました。

太めのストロー

タピオカ用?のストローが100円均一で売っていたので買ってきて輪切りしてみました。。。が、この素材、なかなか難しい素材だったようで接着剤でなかなかくっつきません。グルーガンを使えばなんとかくっつきましたが、ちょっとぶかっこう。
後でわかったのですが、ストロー系は加工がなかなかむずかしいようです。

というわけで、これは却下。

ケント紙

IMG_0154 2
カップの部分をケント紙、とっては針金で作ってみました。接着はボンドタッチ。左側は100円均一で売っていた絵の具でいろをぬってみました。ちょっと雑だけど試作品ということでお許しを。

これだけ見ると悪くないかなーと思ったのですが、カップがちょっと薄い気がします。もうちょっと厚めのケント紙ならいいかもしれませんね。ただ厚いと綺麗な円筒の形を作るのがちょっと難しいかもしれません。

なにかしらの棒

もうちょっと厚めの物がいいなーと思っていろいろ検索してたらあるものが引っかかってきました。まずは出来上がり。
7F67FCD2-C602-4E4E-B0A4-4B91DC9165FD 2
一番左は先ほどのケント紙です。一番右が色塗り前、真ん中は色塗り後です。

さて、これ、何で作ったかというと。。

。。

。。

。。

もういいかな?

これ!
編み棒
編み棒!です。ダイソーで購入。
サイズはいろいろ売っていましたが、8mmのものを使いました。ただし素材がABSなので塗料は少し注意したほうがいいと思います。

色を塗ってレジンを入れてみたものがこちら。
コーヒーカップ
ABSに色を塗る時は先にプライマーなどで下地を作って塗るとよいそうです。
参考:ABSパーツに塗装したい! | KOTOBUKIYA
今回は試作ということで直接ファレホの塗料を塗ってみました。数日経ちましたがなんともないのでたぶん大丈夫でしょう。

綺麗に塗装したい場合やガンダムの間接部分など他のパーツと接触する部分はプライマーを使ったほうがいいと思います。下地は先ほどのコトブキヤのサイトのようにサーフェイサーでもよいですし、ABSで使えるプライマーでも良いと思います。
例えばアサヒペンのプライマーとか。

アサヒペン プラスチック用プライマー 300ML クリヤ

アサヒペン プラスチック用プライマー 300ML クリヤ [不明]

出版社アサヒペン

商品カテゴリーTools & Hardware

特徴色:クリヤ, 容量:300ML, 塗り:1回塗り、アクリル樹脂塗料, 乾燥時間:夏期/30~60分 冬期/1~2時間, 標準塗り面積:【1回塗り】300ml:1.2~1.5㎡, その他:特許No.2941761、無鉛塗料、ノンフロン

Supported by amazon Product Advertising API

コーヒーはUVレジンです。これも100円均一。色は黒と茶色で適当につけてしまった。。

これ以外にウェーブのプラパイプを買ってきました。塗装のことなどを考えるとプラパイプが一番良さそうです。3本300円ちょっとだったので、使い勝手を考えるとそこまで高くないとおもいます。

プラ=パイプ【グレー】肉厚 外径8.0mm

プラ=パイプ【グレー】肉厚 外径8.0mm [不明]

価格¥ 378

出版社Wave

商品カテゴリーおもちゃ&ホビー

特徴<b>本体サイズ :</b>25cm, <b>対象性別 :</b>男女共用

Supported by amazon Product Advertising API

今回は試作ということで全部筆塗りでおこないましたが、ちゃんと下地を使い、エアブラシで塗装したほうが仕上がりが綺麗かな?と思ったので、次作る時はエアブラシでやってみようと思います。

広告