フォルクスワーゲン マイクロバス製作中

お久しぶりです。
最近小物ばかり作っていましたが、前に購入したプラモデルがなかなか減らないのでちまちま作っています。

まず手始めにハセガワのワーゲンバス。ずっと前に買ってほったらかしにしていました。
フォルクスワーゲン タイプ2 マイクロ バス 23 ウィンドウ (プラモデル)

なんか今売ってないみたいですね。。知らなかった。12月下旬再販予定とか書いてありますが、いま12月下旬だなぁ。。しかも予約締め切りぃぃぃ?どうなってるんだw

最近、プラモデルは初回ロットを逃すとなかなか手に入らないと聞くので、もし欲しいものがあれば見つけた時に手に入れておいたほうがいいらしいです。(なかなか再販かからない商品が多い)

このプラモデルも買ったの年単位で前なのですが、当時は品薄って感じじゃなかったんですけどね。

せっかく小物も作ってることだし、移動カフェっぽくしようと思っています。
作り中の写真
ワーゲンバスワーゲンバス2ワーゲンバス3

塗装はほとんどファレホの筆塗りです。ちょっとレトロな感じを出したかったのであえて筆塗りにしました。ファレホはマットな感じに仕上がるのでこういう作品には向いていると思います。中はちょっとケチって安い塗料も使いましたけどね。。(見えないし)
今回は汚しもファレホをつかってみました。WASHという種類です。
73200 ウォッシュセピア 17ml | ボークスホビー天国ウェブ
適当に汚し、汚し過ぎたら拭き取り。。を繰り返しただけですが、いい感じに仕上がります。持っていない人はエナメルの墨入れでもいいと思います。

WASHは今回初めて使いましたが、個人的には墨入れより使いやすかったです。墨入れ塗料はなんとなく混ぜ具合が難しいというか、思った濃さにならないことが多いのですが、WASHは色の種類も多いし、今回使ったセピアは完全に混ぜて使ってもいい感じに仕上がったので。

あとはもうちょっと汚し入れたり、扉につけてる黒板もどきに文字を書いたりしたいところ。
中は結構適当に作ってしまいましたが、まあ初めてということでよしとしました。もうちょっと本格的に家具とか雑貨とか作れるようになったらまた挑戦したいと思います。

今回ここまで作ってみて気づいた点は・・・足回りは最後に作ったほうがいいです。
途中までは説明書通りに組み立てていましたが、失敗しました。
中を作ってる時、外側との整合を確認するために組み立てたり外したりするのですが、何回もやってるうちに足回りの部品が外れるわ折れるわ。。。
外れるのはまだいいのですが、折れると痛い。これは仮組みして手順を確認するべきでした。

これから棚に並べる小物類をちまちま作っていこうかなぁと思っています。カゴ編んでるんですけどね、なかなか難しくて苦戦してるんですよ。これはまた次回ということで。

広告